当薬剤師会について

ごあいさつ

会長 髙松 登 (写真準備中)

 中野区薬剤師会は、1980年に社団法人として設立され、現在、一般社団法人として中野区における医療・介護・保健・福祉等の分野で幅広い活動を行っています。これは中野区にお住いの皆さんが、安心して自分らしく暮らせるように地域でサポートしていく「地域包括ケアシステム」における薬局薬剤師が担うべき役割なのですが、実は薬剤師は他にも様々な活動を行っており、その活動をサポートしているのが薬剤師会なのです。

 薬剤師は処方せんに基づく調剤を行うにあたり、処方内容のチェックを行い、個人の状態に合わせた適正な薬物療法を提供するよう努めています。また、軽い症状であればセルフメディケーションとして要指導医薬品や一般用医薬品の購入についてのご相談をお受けしますし、保健衛生材料、健康食品等の販売も行っています。そして病院や診療所への通院が困難になった時には、かかりつけの薬剤師が薬を持ってお住まいを訪問し、薬の服用や管理を支援いたします。また、保健所と協力して結核治療の完遂に向けた服薬支援をする薬局DOTSもこれまでに大きな成果を収めています。

 このように、区民の皆さん一人ひとりにきちんと対応する業務以外にも、区内の小学校、中学校、高等学校及び養護学校の学校環境衛生をしっかりと司る学校薬剤師の活動や、災害に備えた医薬品の備蓄の協力、区民や清掃局員の針刺し事故防止のための自己注射に用いた使用済み注射針回収事業等、目立たないところで区民に役立つ活動を継続して実施しております。薬の専門家としての視点をもって皆様の健康な生活に寄与し、身近な頼れる存在としての薬剤師の活動は広がっていきます。皆さんも頼れる薬剤師をかかりつけ薬剤師として大いにご活用ください。

一般社団法人 中野区薬剤師会
会長 髙松 登